ファイトケミカル

注目される第7の栄養素「ファイトケミカル」

必須6大栄養素に、健康や美容に様々な恩恵をもたらす食物由来成分の「ファイトケミカル」が今注目されています。
活性酸素から体や肌を守る、免疫力を上げる等々の様々な効果があります。

健康を維持するために、食事の栄養素を考えることは大切です。
これまでは「三大栄養素」や「五大栄養素」が、生きていく上で必要な栄養素であると考えられていました。

しかし食生活の欧米化で、高カロリー・低栄養の食事による健康への影響が懸念されています。
健康を維持するための食事という視点から、現在では「七大栄養素」の考え方が浸透してきています。


「ファイトケミカル」 〜様々なストレスに打ち勝つ自己防衛機能〜

ファイトケミカル(phytochemical)とは、ファイト(phyto)、ギリシャ語で【植物】を、ケミカル(chemical)は【化学】を意味しています。

植物が紫外線や昆虫など、植物にとって危害なものから身を守るために作りだされた色素や香り、辛味、ネバネバなどの機能性成分のことです。

植物は日々ストレスと戦っています。環境の変化、病原菌との闘い、虫による食害など様々なストレスから自己防衛機能を進化させてきました。
動くことのできない植物は、例えば紫外線からは「アントシアニン」が守り、食害からは虫にとって害となる「ポリフェノール」を含有しているなどの対策をとっています。
植物が自分の身を守るためにつくりだした成分「アントシアニン」、「ポリフェノール」が正にファイトケミカルなのです。

野菜やくだものに含まれている、きれいと元気をつくるパワーの素、それが「ファイトケミカル」です。


「抗酸化力」が期待されるファイトケミカル

ファイトケミカルの最も期待されている健康への効果は、抗酸化力です。
現代人にとって避けることの難しいストレスや喫煙、飲酒、紫外線などによって活性酸素は大量に発生します。
大量に発生した活性酸素は、体内の細胞を攻撃し、酸化させてしまいます。
酸化するということは、つまり体が「サビていく」ということ。
そこで注目されるのが、高い活性酸素吸収力を持つファイトケミカルです。


ヒトは呼吸の際に酸素を利用しますが、取り込まれた酸素の一部は活性酸素などになり体内の成分と反応しやすい状態になるため老化、がん、動脈硬化、生活習慣病などの原因になると考えられています。
紫外線や虫から自分を守るファイトケミカルは人間には作り出すことができないので植物から摂取するしかありません。
また、ファイトケミカルは数万種あると言われており現在発見されているのは約1000種類です。
色々な種類のファイトケミカルを毎日摂取するのが良いとされています。


高栄養価野菜の安定供給

私たちは自然力で力強く育てた抗酸化力と栄養価の高い野菜をご提供しています。
さらに、自然農法に近い形で栽培される当社の野菜は水耕栽培のため年間を通じて安定的に市場に供給することができ、「栄養価の高い」自然農法と水耕栽培の「安定供給」の“良いところ取り”の栽培方法といえます。


栄養の摂取は飲むサプリから「食べるサプリ」へ

食べ物をよく噛んで食べる(咀しゃく)は免疫力を高めるために必要です。唾液には消化酵素だけでなく殺菌作用、記憶力アップ、姿勢がよくなるなどの効用があります。
栄養はしっかり噛んで(咀しゃくして)免疫力もアップさせ、栄養価を吸収することが非常に大切です。
私たちはこれを毎日摂るサプリに置き換え、「食べるサプリ」として“毎日食べること”を推奨しています。


野菜の摂取は量から「質」へ

注目すべきは摂取する野菜の「質」。
太陽光をたっぷり浴びた野菜たちにはファイトケミカルが高濃度で含まれます。
当社の15年の栽培技術で安心・安全は元より、高栄養価の野菜を摂り続けるために、
さらにプラスワンの価値をご提案してまいります。

タイトルとURLをコピーしました